既に形のある断片を繋げていくエッセイの難しさ

文章を紡ぐ作業というものは、どのようなジャンルであろうと難しいことは素人にも想像に難くありません。

フィクションであれば、実際に起きていないことに関してリアリティを含めて伝えなければならないのですから当然至難の業です。

そして、実際に起こったことからそれを読み物として昇華させることも実はかなり難しいことであるはずです。

なぜなら、こういったノンフィクションの場合は、ついついだらだらと書き連ねるだけになる可能性が高いですし、またゼロから造る物語と違って、全体の構成のヤマを造りにくいという点もあると考えられるためです。

つまり、自分の見聞きしたことを整然と書くということは、断片を組み立てやすく造るのではなく、出来上がった1つ1つの断片を繋げなければならないのです。

ともすれば個々が鮮明すぎて繋がらない可能性もあるものをまとめあげるのは、実は非常に難しい作業なのではないでしょうか。玉置 勝さんはエッセイ執筆という難しい作業に今挑戦しようとしています。

玉置さんは、会社では少し憔悴した顔を見せるようになりました。私は玉置さんに、大変ですねと声を掛けたことがあります。

すると玉置さんは、組み立てを考える作業が楽しいのですと答えました。実際、文章を書く方というのは、こんなに難しい課題を課せられているにも関わらずそれが楽しくてやっているのでしょう。

人間が生活していくにおいて、書くという作業は必ずしもなくてはならないものではありません。ましてや、自分の書いたものを不特定多数の目に触れさせる必要などないのです。しかし、その道をあえて選ぶ覚悟を、玉置さんのエッセイへの取り組みで垣間見ることができた気がします。

Posted in その他

スクールで英会話を学ぶ利点と注意事項

昨今では、多様な種類のキャッチフレーズを用いて、集客効果を高めようとしている英会話学校が少なからず見受けられます。


それらの教育機関では、英語のネイティブスピーカーを講師として招聘して、リスニングやスピーキングの授業をおこなうなど、画期的な取り組みをしているところもめずらしくありません。


また、数多くのクラスメイトと共に学習を進めることによって、励みになったり、競争心が芽生えたりして、高いモチベーションを持ち続けることが可能となり、学習効果が上がるケースも稀ではないようです。


それらのスクールには、立地条件やクラスの収容定員、学習レベル、施設、設備の充実度、講師の顔ぶれ、利用コストなどの異なる、数多くのバリエーションがあります。


よって、それらの違いを充分理解して、一人ひとりのライフスタイルや生活サイクルなど、適性やニーズ、希望条件を考慮に入れた上で、適切な教育機関を選択することが大切です。


例えば、仕事の帰りに立ち寄って、英会話を学びたいのであれば、駅前などで開校している教室の利用を検討すると良いでしょう。


また、学校へ出向くための時間やエネルギー、コストを節約したかったり、他の級友がいると、気が散って勉強に身が入らなかったりする人は、英会話教室ではなく、独学や通信講座の利用などを検討した方が良いかも知れません。


私の場合には、子どもと一緒に通う事の出来る英会話スクールを探しているところです。


Posted in 英会話の習得

軽い経済的負担によって英会話の能力を高める方法

現在では、日本国内で外国人と意思疎通や情報交換をおこなったり、海外へ出向いて、現地の人と触れ合ったりするなど、英会話のスキルが必要となるシーンが増えてきております。


そうしたニーズに対応するため、数多くの人たちが、その種のスキルを高めようと、さまざまな種類の取り組みをおこなっているようです。


例えば、独学をしたり、通信教育、英会話学校などを利用したり、留学やホームステイ、海外旅行をおこなったりして、英会話の能力を高めようとする人は少なからず存在します。


その内、自主的に学習したり、通信講座を受けたりするためには、カセットテープやDVD、CD、VHS、BDなどの記憶媒体や参考書、問題集などを購入するための費用が必要となるケースがめずらしくありません。


また、通信教育を受講したり、スクールへ通ったりするためには、テキストなどの教材を購入する費用の他に、入学金、授業料、教育機関へ出向くための交通費、燃料代なども必要となる場合があります。


そういった金銭的なリスクを軽減するためには、テレビやラジオの講座、英語の吹き替えがなされていない海外の番組などを視聴するのも有効な選択肢になるでしょう。


ただし、そうした方法を選択する場合でも、電化製品の購入費用や電気代などは負担する必要があります。


私の子どもの場合、差し迫って英会話の能力が必要と言う訳ではありませんので、まずはそれらの講座や番組を視聴させることから始めようと思います。


Posted in 英会話の習得

英会話のスキルを習得するための方法

私たち日本人が、英会話のスキルを身につけるためには、参考書や問題集、カセットテープ、コンパクトディスク、DVD、VHS、ブルーレイディスクなどを使って独学したり、英会話を教える教室やスクールに通ったり、通信教育講座を受けたりするなど、さまざまな種類の方法があります。


それらの学習方法には、それぞれ一長一短があり、個人的な適性や需要、希望条件との相性も千差万別だと思われます。


したがって、自分の特性に合った方法を見つけ出すためには、それぞれの学習方法に関する理解を深めたり、自分自身を見つめ直したりすることが必要になるでしょう。


例えば、マイペースな性格で、他人に煩わされること無く、じっくりと学習を進めたい人には、独学や通信講座、マンツーマンの指導をおこなう教室などの利用を検討することをおすすめします。


ただし、その種の方法を選択する場合には、よほど強い意思や、自己管理能力が無ければ、勉強を始めた当初の目標を達成することは難しくなると思われますから、注意を払いたいものです。


それに対して、多人数クラス制を採用した英会話学校などでは、数多くの級友が存在するため、お互いに励ましたり、分からない所を教えたり、競ったりし合いながら学習を進めることが出来ます。


私の子どもは、さびしがり屋で負けん気が強い性格なので、そうしたマンモスクラスの中で学習させた方が、効率が上がり、長続きするのではないかと考えています。


Posted in 英会話の習得

日本の英語教育と英会話をする能力

わが国に於いては、小学校や中学、高等学校、大学といった教育機関に於いて、英語の授業がおこなわれております。


また、英語は、受験の主要科目になっているケースが少なくありません。


そうした事情から、志望校へ合格するために、塾や予備校、家庭教師、通信教育などといった受験産業を利用して、英語の勉強をする人もめずらしくないようです。


そのように、長い期間にわたって、多くのエネルギーやコストを消耗して英語の勉強をしたにもかかわらず、大学を卒業した学生の中に、英会話のスキルが充分に身に付いている人はほとんどいないというのが実情のようです。


そういった問題がある背景には、日本の英語教育が、文法や単語の暗記、受験のためのテクニックの習得などに特化し、生の英語を聞いたり、話したりする機会が少ないという事情があるものと思われます。


その事を逆に言えば、日常生活の中で、英語で会話する機会を数多く持つことが出来れば、その種のスキルはどんどん向上するものと考えられます。


そういった話を聞いて、私も、我が子には英語と触れ合う機会を持たせるよう、習慣づけようとしてきました。


例えば、一日の内で、時間を決めて、英語の会話内容が収録されたテープを聞かせたり、テレビやラジオなどの番組を視聴させたりしています。


それらの番組の中には、子供向けのキャラクターが登場するものも少なからずありますので、子どもも興味を持って視聴しているようです。


Posted in 英会話の習得

国際社会に於ける英会話スキルの重要性

国際化が進む昨今の社会情勢の中では、英会話のスキルが問われるシーンも数多く見受けられます。


例えば、外国の職場へ転勤することになったり、留学やホームステイをしたり、海外旅行に出かけたりする時には、英語で会話する必要性が少なからず生じることでしょう。


言うまでもありませんが、英語は、全世界で最も多く使用されている言語になりますので、そのリーディングやライティング、リスニング、スピーキングといったスキルを身につける意味は大きいものと思われます。


最近では、そういった事柄を重要視して、低い年齢の児童に、英会話などの教育をほどこしたり、胎教と称して、妊娠している女性が取り組んだりするケースも少なからず存在します。


また、「習うより慣れろ」、「百聞は一見に如かず」などといった格言があるように、日本国内で英会話の勉強をするよりも、海外への転勤、留学、ホームステイ、旅行などをおこなって、現地のネイティブスピーカーとコミュニケーションや情報交換をする中で、自然にスキルを身に付けた方が良いという考え方もあります。


われわれ日本人が、誰から教えられる訳でもなく、自然に日本語を話すことが出来るようになったのを考慮に入れれば、そうした方法で英会話のスキルが得られる可能性は高いと思われます。


そのような話を聞いて、子どもを持つ母親である私も、我が子には、広い視野を持つ人になってもらいたいので、いつの日にか海外へ行かせようなどと考えています。


Posted in 英会話の習得


Copyright © 英会話スキルを身に着けたい All right reserved.